AndroidスマートフォンはiPhoneに比べて故障率が高い、との調査結果が公表されました。 

Androidスマホの故障率は44%、iPhoneの25%の約2倍 

アメリカのモバイル関連サービス企業、Blanccoが公表した調査結果によると、 
2016年第1四半期(1〜3月)におけるAndroidスマートフォンの故障率は44%で、 
iPhoneの25%よりも2倍近く高い結果となりました。 

Androidスマートフォンの場合、地域によって故障率に開きがあるのが特徴的です。 
アジアで55%と最も高く、以下ヨーロッパの35%、北米の27%が続きます。 

Androidの中ではサムスンの故障率が高い 

Androidのうち、メーカー別では、サムスン製が故障端末の43%を占めていますが、 
これは同社の世界的なシェアの高さのためとも考えられます。 

モデル別では、Galaxy S6が7%、S5が6%でAndroidスマートフォンの上位に並んでいます。 

iPhoneシリーズの中では、iPhone6が25%、iPhone5sが17%で上位となっています。 
これは、Androidと違いモデル数が少ないiPhoneでは、個々のモデルの占める割合が高くなるためです。 

製品の信頼性がより重要に 

調査結果を紹介したBusiness Insiderは、スマートフォンが人々の生活に欠かせない存在になるにつれて、 
製品の信頼性はブランド選択において重要度が高まっている、と指摘しています。 

Androidは世界的に高いシェアを誇っていますが、最新版OSの普及が進まないほか、 
メーカーや端末ごとに仕様がまちまちで、アプリの安定した開発条件が確保しにくいという課題も抱えています。 









おすすめ動画


コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック